葬儀・家族葬なら西宮・尼崎・芦屋|OCEAN(オーシャン)

サブビジュアル OCEAN CEREMONY

コラム 「家族葬」について考える


家族葬のいいところ


あくまでも自分たちで自由な葬儀にできるというところです。

たくさんの人にきていただき、そしてたくさんの人に見送ってもらう普通の葬儀ではやはり、自分たちの意志よりも社会的に模範的な葬儀を行うことが優先されがちですが、家族葬に関してはそうではありません。

社会的な別れ、宗教上の別れではなく、家族や親族に重きをおいた別れの儀式となります。

そのため遺言でも、家族にだけ送ってもらいたいという希望を記しているひとは多く、本当に心から偲んでくれる人にだけ送ってもらいたいという希望が伺えます。

芸能人の方も、大々的に葬儀を行わず、家族葬で近親者のみで送ることが多くなっており、家族葬を希望する人が増えているというのが伺えます。

多数の参列を受ける葬儀ではなく、ずっと一緒にいた家族とだけお別れをするアットホームな葬儀は、故人、親族だけではなく、参列する側もほとんど知らない人だけど、お付き合いとして…という義理で参列しなければならないということもなくなります。

ほぼ知らない人の葬儀に、仕事を休んで駆けつけるのは参列側だけではなく、ご遺族にとっても少し気まずいので、そのあたりにも配慮できるのが家族葬のメリットかもしれません。

 

家族葬のデメリットって?


家族葬のデメリットとして挙げられるのが、社会的な別れが希薄になるという点です。

以前ですと近所とも密接な付き合いがあり、その流れで葬儀にも誰でも参列できるような時代でした。

お互いが顔見知りのため、希薄な関係であるということ自体が少なかったのかもしれません。ですが、現役で活躍されているなど、社会とのつながりがあればともかく退職後にはどんどん希薄になっていきます。そのため、家族が故人様の人間関係を把握できず、なんとなく家族葬にしてみる。あるいは本人が家族葬を希望し、社会的に関係を気付いた人との別れが結果疎かになるなどのデメリットが現れます。

しかしこれらデメリットを克服しつつ、尚且つ家族葬を執り行うことも十分に可能です。

家族葬を執り行うという旨を書いた手紙を書く、また葬儀とは別に、故人様と生前にお付き合いのあった人たちをお招きして後日お別れの会を行うなど、家族の「想い」を守った上で、社会的にお世話になった方にもお別れをしていただく事も不可能ではありません。また家族葬であっても、訃報を聞かれ駆け付けた故人のご友人方とご遺族様が出会われ、家族も知らなかった故人様の一面を知る事が出来るのが葬儀です。故人様からご家族への最期の贈り物を受け取れる場が「葬儀」であるという事も忘れてはなりません。

 

 

オンリーワン」な家族葬

 

家族葬と聞くと、やはり身内だけでの小ぢんまりとした葬儀を連想します。その通り町会などに言わずに家族でだけでお別れを行うというもので、近年故人様自体が望む葬儀の形でもあります。

そのため、自分の終活として事前に葬儀社に連絡し、費用、内容の相談をするかたが増えています。

もちろん、相談の段階ではご契約の運びにはならず、納得いくまで話し合いをし、自分の理想の葬儀を出来るように打ち合わせをしておけるのです。やはり、自分が見送ってもらう葬儀で、尚且つ家族葬でより親しい人たちのみと執り行う儀式、故人となるご本人の希望に添えるのが一番です。

それらのことはご健在の間に、葬儀社にてある程度まとめておくことも可能ですし、また予算も把握しておけます。家族葬とはいえ、葬儀にはお金がかかるものです。もちろん費用を抑えての葬儀も可能ですが、いざそのときが来て値段を重視してあまり納得がいかない葬儀となってしまう、あるいは逆で、予算から大幅にオーバーしてしまい、遺族におおきな 負担がかかってしまう場合もあります。契約を実際にする、しないに関係なく、お問い合わせ、お見積もりを受け付けておりますので、気兼ねなくオーシャンセレモニーへご相談ください。




施行事例の詳細はこちら http://ceremony-ocean.com/category/blog/


 


西宮、芦屋 阪神間のお葬儀・家族葬・海洋散骨はオーシャンセレモニーへ。


http://www.ocean-ceremony.jp


 




NEWS List