葬儀・家族葬なら西宮・尼崎・芦屋|OCEAN(オーシャン)

サブビジュアル OCEAN CEREMONY

コラム 手元供養って?終の棲家を選択できる時代

手元供養と終の棲家


手元供養とは納骨堂やお墓に遺骨を納骨せずに、自宅にて安置供養を行う方法を言います。

墓地自体は都道府県によって許可を得ている施設で無ければいけませんが、遺骨を必ず納骨しなければならないという決まりはなく、自宅に置いておくという方法は特に問題はありません。

もちろん全てのご遺骨を手元においておくというのも可能ですが、海洋散骨などを希望する場合、ご遺族の希望で一部だけ自宅にて安置供養を行うという方法もとられています。

この手元供養、墓地に埋葬する場合墓石、墓所費用、管理費などで多額のお金がかかりますが、手元供養の場合これらのお金は必要ありません。

墓地は昔ながらの方法で、しっくりくる方法かもしれませんが、実家から離れて暮らしているとなかなか手入れに向かえずに、雑草が伸び放題で管理することも難しいでしょう。

それらの負担をなくし、手元においておくという供養は、これからの生活に添った方法だとも言えます。

また常に手元においておく、あるいは一部をジュエリーの中に入れておくなどの方法で遺骨を管理することも可能なので、亡くなったのがお子さんや奥さんの場合、常に一緒にいられるというメリットもあります。

 

デメリットも考えてみます。

手元供養ですとお金もかからずに常にご遺骨をそばにおいておけるということで、メリットが多いと感じますが、問題は手元にご遺骨を置いておきたいと考えた人が亡くなった場合、その手元供養していたご遺骨をどうするかというところに問題が生じます。

ご遺骨を任せる人がいればいいのですが、そうでない場合そのご遺骨はどうするか?という問題が出てしまうのです。

そうなるといつまでも自宅に置いておく訳にはいかず、残された方への負担となる未来が待っています。

また、肉親のご遺骨ならまだしも、他人のご遺骨はあまりいい気分ではない。ご遺骨を置いている家に招かれるのはあまりいい気分ではない、という意見もあれば、他にも自然災害などで家が壊れてしまった場合、墓地でも同様ですがご遺骨が消失してしまう場合もあります。

いつまでも一緒にいられる手元供養のためのジュエリーにご遺骨の一部を入れておくのはとてもいいことですが、全骨安置は場合によって最終的に良い選択ともいえなくはなるでしょう。

全てを散骨してなにも残さないという方法は遺族にとっても寂しいものですが、一部だけおいておく手元供養ならばご遺族も常にそばにいられますし、また管理の負担が極力減らせますので手元供養を考える時、散骨、お墓、納骨堂と合わせて考えて頂く事をおすすめします。

自身のライフスタイルや、受け継いで来た供養の環境も考慮し、最も適した供養の環境を整えたいものです。

 

手元供養においてご遺骨の管理を自宅で行う、あるいは身につけておくなどの方法がとられますが、ほとんどは散骨で樹木、海洋などにより供養します。

そのため後々の管理が少なくなり、管理をしているご遺族が亡くなった場合でも一部のジュエリーなどであれば管理が非常にしやすくなるという利点があります。

また、手元供養で仏壇などに供えておくことで、いつでも故人様に拝み、線香などを上げてご遺族にとってもいつもそばにいられるという精神的な支えにもなります。

全て散骨してしまった場合、偲ぶ対象がなくなってしまうというデメリットがあり、また墓地での供養ですと雑草だらけになってしまい管理が大変などのデメリットがでてしまいますが、そのあたりをご遺族の手間を取らせずにいられるのが手元供養です。

これからの社会では、散骨を希望する遺族が多くなります。そのため墓地への供養ではなく、手元供養や一部だけを加工し、他は散骨をするというのは墓守が難しいこれからの社会に添った供養方法となります。

常に故人とともにいられる手元供養は、喪失感も抑えられ、また管理が疎かになりにくい忙しい遺族にとっても最善の供養方法といえるかもしれません。

ご遺族が年老いても、自宅でお線香を上げるなどができるという点も負担が少なくいられるでしょう。






施行事例の詳細はこちら http://ceremony-ocean.com/category/blog/


 


西宮、芦屋 阪神間のお葬儀・家族葬・海洋散骨のご相談はオーシャンセレモニーへ。


http://www.ocean-ceremony.jp




NEWS List