ご質問 |西宮の葬儀社OCEANにお任せ下さい

サブビジュアル OCEAN CEREMONY

葬儀に関するご質問

葬儀イメージ
医師に危篤をつげられたら・・
すぐに家族へ連絡します。 遠方に住んでいる家族には、駆けつけてくるまでの時間を考え、早めに連絡がとれるようにしておきます。
また、本人が希望していた友人などがいればその人にも連絡します。
危篤時に連絡を必要とする人の電話番号や住所のリストを事前に作っておくと、もしもの時に慌てずに済みます。
病院では指定の葬儀社にお願いするんですよね?
病院指定の葬儀社に依頼しなくても構いません。
病院にお世話になったからといって病院指定の葬儀社にご遺体の搬送や葬儀を依頼しなければいけないという決まりはありません。
「相談している葬儀社がある」
と告げて下さい。
看護師にお迎えの時間を確認し、弊社にご連絡下さい。
ご搬送から御葬儀施行まで心を込めてお手伝いさせて頂きます。
葬儀を準備するポイントは?

葬儀費用や内容はそれぞれ異なります。
まず、家族でどういう葬儀にするのか方針を決めておきましょう。

  1. 本人が生前希望していた事の確認
  2. 葬儀規模(訃報連絡範囲、参列者人数)をおおよそ予測する
  3. 喪主、親戚の中心となる方を決めておく
  4. 葬儀場所は何処にするか
  5. 予算はどの位にするか

また慌てない為にもご安置所の選定(自宅もしくは弊社ご案内安置室)や、宗旨宗派の確認、遺影写真の 原稿等の準備をしておかれることをおすすめ致します。
事前のご相談、お見積り、不明な点は気兼ねなく弊社へお問い合わせ下さい。

葬儀の日程はどのように決めるの?
宗教者の都合や火葬場、式場の空き具合などを確認した上で決めます。
一般的には、死亡当日もしくは翌日の夜に通夜を行い、通夜翌日に葬儀・告別式という日程で執り行います。
なお、火葬は指定感染症以外の場合は、死後24時間を経過してからでないと行えません。
湯灌(ゆかん)って何?
ご家族やご遺族が集い、故人を逆さ水(水にお湯をたして適温にする意味)でお身体をきれいに清め冥土の旅装束をととのえる儀式を湯灌といいます。
現世での悩みや苦しみ煩悩を洗い流し、無事に成仏できると信じられて行われていきました。
また、生まれ変わりのための産湯の意味もあると言われています。
病院で亡くなられた場合アルコール消毒で清めるエンゼルケアーを施しますが、本来の湯灌の儀式ではありません。
自宅で葬儀はできますか?
勿論、可能です。
ただし、祭壇を飾りお棺を安置し、ご家族ご寺院様が座るスペースや棺を出せる玄関間口等、各所に広さが必要です。
ご遺体が自宅に帰られた際に自宅葬希望とお知らせくださればご返答させて頂きます。
菩提寺が遠方で、来てもらえるかわからない・・どうしたらいい?
納骨される菩提寺があるならば一度ご相談されたほうがよろしいかと思います。
その上で、菩提寺から別の寺院の紹介を受けられるか、あるいはそれも不可能ならば、改めて弊社で寺院をご紹介させていただきます。
また、神式やキリスト式についてもご相談ください。

散骨に関するご質問

散骨イメージ
いつ散骨するのがいいのですか?

まずは、お客様が希望なさる日が一番です。
例えば、故人様との思い出の日であったり、命日であったり。

49日過ぎてから、百か日、一周忌等、仏式の慣わしに合わせて散骨なさる方が多い様です。

どれくらい船は揺れるのですか?船酔いが心配です。

季節によって多少異なります。
海上の条件がいいのは、秋~冬です。瀬戸内は年中一定して波は高くありませんが
春は季節風が強く荒れやすく、夏は台風の影響を強く受けます。
秋口は気候もよく、冬は北風の影響で大きな揺れはありません。

航行中は揺れを防げるよう船を操作してまいります。
ですが、散骨海域は大型船の航行もあり、大きな揺れが一時起こるのは避けられません。
船酔いが心配な方には、液体の酔い止めをお勧めしております。

また、体調が大きく作用しますので、乗船前の飲酒はご遠慮ください。
睡眠不足も酔う原因になりますのでご注意ください。

お墓があるのですが、散骨もできますか?
もちろん可能です。
全骨散骨なさる方もおられますが、やはり代々のお墓も大切です。
一部のお骨を散骨されると良いと思います。
故人が好きだった物を一緒に撒きたいのですが...
食べ物、飲み物等、朽ちて自然に帰る物のみお受けいたしております。
中には、愛読書やCDといったご要望も多くありますが、お断りいたしております。
CDなどお好きな音楽がおありの場合は、BGMとして皆さんにお聞き頂きながらの散骨をお勧めいたします。
愛読書などは、ご家族が故人を偲ばれお読み頂くのが何よりの供養ではないでしょうか。
どんな人が散骨を希望されていますか?

最も多いのは、故人が自然界に帰る事を希望されその思いを託されたご遺族です。

以前は、「戦友が眠る海へ帰りたい」「船乗りだったから」等、海に深い思い入れがおありの方が多くおられましたが、最近では「跡取りがいない」「子供に迷惑をかけたくない」という声も多く聞かれます。

理由は様々ですが、故人と残されたご遺族のお気持ちを大切にしてください。

後々の供養はどのようにしたらいいのですか?

散骨されてもお位牌(お仏壇)、お墓がある方は、従来通りのお参りをなさってます。
全骨散骨なさった方は、お写真をご自宅に置かれ、お供え等なさりながら故人を偲ばれ、また、少量のご遺骨を手元供養の容器に納めておられる方もいらっしゃいます。

散骨海域までお参りに行く事も可能です。ご希望がございましたらご相談ください。

どの様な服装で乗船したらいいですか?

平服でのご乗船をお願いいたしております。
出航場所のヨットハーバーは、一般の方もご利用になられています。
周囲の方に違和感を与えないよう、喪服でのご乗船はお断りさせて頂きます。

女性の方には、ヒールの高いお履物は足元が不安定ですのでご注意ください。

散骨は違法ではないのですか?
厚生労働省と法務局は「墓地、埋葬に関する法律の対象外で節度をもって行う限り刑法的にも問題はない」との見解を示しています。
ただし、特別な条例がある自治体もございます。
また、海への汚染も懸念されていますが、遺骨の成分はリン酸カルシウムで汚染の心配はございません。